Vida Sanaパイオネックス(円皮鍼)推します!

つくばの桜も満開!

 こんにちは。

 まだまだ暑い日と寒い日が交互にやってきますね。

 こんなときは自律神経も乱れやすく体調を崩しやすくなりますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

 先月は花粉症について触れましたが、今月も花粉症関連です。

 皆さんは「パイオネックス(円皮鍼)」をご存じでしょうか?

 字を見てもピンとこない方も、テープで貼る鍼の写真を見ればわかるかもしれませんね。

 このテープの裏側に0.3~1.5mm程度の鍼がついており、このテープを貼っている間はツボを刺激し続けるというものです。

円の中心に鍼がついているんですが……見えるでしょうか?

 VidaSanaの施術を受けられている方は刺さない鍼の効果を体感していらっしゃるのでこの短い鍼で効果があるということを不思議には思わないでしょう。

 しかし、深く刺される鍼に慣れている方からすると、こんな短い鍼で効果があるの?と思われるかもしれませんね。

 実は、このようなやさしい刺激で身体に大きな変化をもたらすのが日本鍼灸の特徴のひとつです。いわゆる中国鍼は、日本で一般的に使われている鍼よりも太いだけでなく、手技によって強い刺激を与える傾向があります。鍼と一口に言っても、東洋医学は世界中で多様な発展をしてきているのです。

 VidaSanaがこのパイオネックスを主に使うのは、首横の胸鎖乳突筋の近辺です。

 この胸鎖乳突筋のまわりには免疫系にかかわるツボが多く、自己免疫の「暴走」である花粉症に対して一定の効果をもたらすことを期待しています。

 実際、Vida Sanaの二人も花粉症持ちなので、お互いの首で試してみた結果、首にパイオネックスを貼るようになってから断然症状が軽くなりました!

くっきり胸鎖乳突筋を出してみた図

 鼻水を気にしないで眠れるようになり、目の痒みも軽減!

 完全完治とはいきませんが、この首鍼をするだけで春の憂鬱な気分がガラリと変わります。

 効果は花粉症を防ぐだけに留まらず、もちろん首回りの筋肉をゆるめることにもつながります。触ってみるとガチガチに固まっていた患者さんの首が、一週間パイオネックスを貼っていただいた結果、ゆるむことが何度もありました。首が緩むことと花粉症の症状が治まることの因果関係は明確ではありませんが、いずれにせよ患者さんにとっては良いことづくめ。

 鍼のついたものは医療従事者のみの取り扱いですが、実はこの商品には鍼のついていない「パイオネックスZERO」という一般の方も購入できる商品があります。

 鍼の代わりに突起した樹脂がついており、それがツボを刺激するという同様の作用があります。鋭い皆さまはお気づきのように、花粉症以外のさまざまな症状を緩和させる可能性があるパイオネックス。セルフケアにおすすめです。

現物はこちら! 鍼がないのが……お分かりいただけるでしょうか?

 Amazonでも購入いただけますのでぜひお試しください!

 ただ、それぞれの患者さんのお身体の状態によってより効果的なツボはさまざまです。ツボのスペシャリストである鍼灸師にご相談いただけると嬉しいです。

 まだまだヒノキの花粉飛散が続く時期です。

 皆さまがすこやかな春の日々を送れますように。

今年のVida Sanaの取り組み~乞うご期待~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA